THE HAVENOT'Sが主催するロックンロール・イベント
「横浜ヤングカーニバル」の公式ブログです!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
<< ポスター&フライヤー | main | トクtheDインタビュー >>
THE HAVENOT'S インタビュー
category: アーティスト情報 | author: youngcarnival

お待たせしました!イベントの主催者「THE HAVENOT'S」にヤングカーニバル14年の歴史をロングインタビューで語って頂きました!お楽しみください〜どうぞ!!


−イベント14年目にして、アコースティックライブの前夜祭が行われますね。

SHIMMY(以下S):僕とコータは出ないけどワー!とかキャー!とか応援しに行きますよ!

AOKI(以下A):そうそう何か日本のアコースティックのライブってシ〜ンとして見ちゃう傾向があるけど、通常のライブみたいな感覚で盛り上がるようにしたいね。

−前夜祭の評判もとてもいいですよ。

A:嬉しいね!アコギで歌うイベントでこんなにオイシイ面子が集まるのないよ。ホント、このイベントならではって感じだね。

S:うん、うん。よそで観れない。

A:ヤングカーニバル(以下YC)やろうと思ったきっかけのひとつとして、他にはない組み合わせをしたい。東京で見れるっていう内容だったら、わざわざ横浜まで足を運んでくれないと思うんだ「あ、コレ面白いかも」って来てもらってるからさ。

KOHTA(以下K):YCはわりとノンジャンルな。

−あと、それだけ長くやってるから、イベント名が浸透してるって反応もありますよね。

A:イベントにお客さんがついているという部分が絶対ある、「観に行ったら絶対コレ面白い」って思ってくれる人達が根強 くいてくれてる。

−他にもいくつか、イベントをやられてますが、その中でもYCというのは横浜起点でみんなに楽しんでもらいたいというもの?

A:F.A.Dでずーっと続けちゃってるわけじゃん。十何年もさ。で、F.A.D広いからさぁ〜YCってどうしてもガッツリ・内容濃い・面白い!ビッグサイズな感じで。

−じゃ、そのぐらいのサイズ感+新年会の心意気が詰まった、今回のYCって位置づけで?

A:全国各地からお客さんが集まってくれるじゃない、その人達とも「一緒に新年会を」的な。ライブで踊ったり歌ったりもあるけれど、各地の方と笑顔で再会出来るとか。皆わかってて、集まってくれると思うんだよね。

−YCの1回目ってどこでやったんですか?

A:今はないんだけど、CLUB 24ってライブハウスで1回目やって、2回目の時にちょうどF.A.Dが出来て、それからずーっと。

−第1回目に出たバンドって覚えてます?

A:覚えてるよ!大阪のGO DEVILS。最近復活したTITANS。俺が大好きだったパワーポッ プバンドのSAMANTHA'S FAVOURITE。横浜のROOM41。個人的趣味ってゆうか、東京とかそこらじゃない面子だったね。

−そっからもう、ブレてない。

A:うん。F.A.Dに移った2回目に出てもらったのが、ギターウルフと、チョコレイツのトクちゃんが当時やってたド リルメンってバンドと、あとチャーリー&ザ・ホットホイールズ。1回目も2回目も俺まだフライヤー持ってる。

-Shimmyが初めてハブノッツを見たのは?

S:エライ前ですよ。

A:それこそ、YCに来たんじゃんか?ナーバス・ブレイクダウンが来た時じゃない?九州から。MAD3も出て。そん時じゃない?たぶん、シミーが初めて来たの。

−じゃ、最初はシミーはYC見に行ってた立場?

S:うん。自分も他のバンドやってて、ハブノッツがイベントやってるって聞いて、仲間と旅気分で、中華街にも行けるし。

A:今のシミーじゃないけど「F.A.Dに来る」=「中華街行く、山下公園に行く、元町行く」って観光プラスアルファで来てもらえたほうが、 嬉しいからさ。

−コウタが初めてHAVENOT'S見たのは?

K:オレは初めて見に行ったのがBARGIG。6、7年前かな?その時衝撃的だったのが、ドメニコだった。トクちゃんがもう、お客さんの足とかつかんじゃって。すーごいなぁ、って。

−節目になったイベントってありますか?あの時のあれはちょっと違ったよな、みたいな。

A:初めて、(動員が)3ケタのライブ。当時女子高生だった、アメリカのTHE DONNASってバンド。今はビッグだけどさぁ。横浜に呼んで一緒にやった時に初めて2ケタを超えた。あとは、YCの5周年のライブ。3日間やって、最終日のギターウルフとギョガンレンズ、チェルシー、ガソリ ンに出てもらった時に、初めてF.A.Dが売り切れになった。

K:俺、その時のTシャツもらった。

A:あと、プライベーツが初参戦したとき。2001年くらいだったかな。ガキの頃にTV・雑誌で見てた人達だったのに、自分がバンドやって、まさかこう一緒にやれるとは。

−きっかけは?

A:めちゃめちゃ恥ずかしいんだよ、パッチ(VIOLETS)がね、ショーネンさんを紹介してくれたの 。「HAVENOT'Sってバンドやってます」って言ったら、「オレCD持ってるよ」「えっ!?なんでですか?」「う ん。妹さんからもらった」だって。

(一同笑)

−青木さんの妹さん?

A:そう,ウチの妹がプライベーツのファンで。俺としては、「オメー、ナニ、密かに渡してんだよ!」って ね。

−そんな過去があったんですね。

A:YCは、まだまだ面白い出来事はいっぱいあるからね。

−普段、ツアーで各地のバンドのおもてなしを日頃受けているからこそ、横浜ではおもてなししつつ、バンドでじっくり呑もうか、みたいな。

A:東京でも企画ってあるでしょ、俺らも出演してるけど、そこまで呑みまで面白いっていう感じのイベントは実際はないよね。横浜だからもてなせるシチュエーションの街でもあるわじゃないですか。そこをやっぱり来てもらって、ライブ・食・呑みを全て堪能して帰ってもらいたい。俺達の日頃の遊び方っていうか。そこまでするのはtoo muchかもしれないけど、俺達の感謝の気持ちって、そうゆうとこだからさ。

−お客さんの立場だと、それぐらいの気持ちのイベントだと、自然と次もまた絶対楽しいって思えるから、だから自然に行くんだよね。

A:ホント有難いことに、出てもらってるバンドの人っていうのはさ、YCに出演するからって感じで、イベントとして盛り上げてくれる。す ごい嬉しいよね。ただ淡々とライブだけやるってタイプの人達じゃないから。このイベントの趣旨をわかって参加してくれてるから。やる たびに面白いことになる。

S:出る人が面白がってくれれば、お客さんも面白がってくれるっていうかさ。ってか、出る人がつまんなそうにしてたら、面白くないよね 、絶対。

(一同笑)

−今回のバンドで注目してることは? OKAMOTO'Sなんかは若いですし。

A:OKAMOTO'Sに関しては、ライブハウスにライブを観に行ったのが、話聞くとどうやらYCが初めてだった?らしくて。中学生だったか?YCに思いれがあったらしく、ボーカルのショウが「ヤングカーニ バル出たいっす」って自分から申告してきた。

−甲府のJAIL GUITAR DOORSは?

A:JAIL GUITAR DOORSのクヌギさんが、俺の仲いい友達を介して。アルバム出してツアーするっていうんで、俺すぐ電話して「出てください」って。ギターウルフのビリーさんのお友達のバンドで、YCやSTAY FREE Billyの事を気にかけてくれてた。

−ワールドアパートメントホラーは?

A:夏に稲毛で。ベースやってるコンドウが、90年代の日本ガレージにすごく影響を受けてて。20代半なのかな?そうゆう子達も一緒にやってヤングカーニバルじゃないかと。

−では、最後に1月の「横浜ヤングカーニバル」に向け一言ずつ、お願いします。

A:自分達の「面白い」なっていう、観点が凄く出てるイベント。観点の似てる方が大勢集まり 、仲間意識が強くなるような、お客さんとバンドの関係が成立するようなイベントによりしたい。そういうこともあって今回は2DAYSにしまし た。

S:今回は若いバンドも出てくれるって事で。

A:OKAMOTO'Sは18歳だし、中学生のヘンリーヘンリーズも出るからね。

S:注目です。そういう風にロックが続いてると、感じていただけるイベント。なのでたくさんの人に見に来てもらいたいです 。

K:年始のイベントだけど、2010年末まで楽しかったなと思ってもらえるイベントにしたい。

A:皆がYCスタートで、その一年景気付けになってもらえれば、うれしいね!

-THE HAVENOT'Sさんありがとうございました!

ブログをご覧のみなさんへ、動画コメントを頂きました、どうぞご覧下さい 〜!!



次回は、DJで参加して頂きます、トクtheD(THE CHOCOLATES)さんのインタビューを予定しています!お楽しみに〜
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://young.havenots.jp/trackback/8
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH