THE HAVENOT'Sが主催するロックンロール・イベント
「横浜ヤングカーニバル」の公式ブログです!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
<< PATCH(THE VIOLETS) インタビュー | main | TARSHI(LONESOME DOVE WOODROWS)インタビュー >>
楠部真也(The Symponix)インタビュー
category: アーティスト情報 | author: youngcarnival

今回は、両日出演して頂きます「楠部真也」さんへファン心丸出しなインタビューです!クールなルックスと反し、関西人ならではの楽しい動画コメントも頂きましたので、ファンの方はPCからのアクセスでご覧下さい!どうぞ!!

−今回、アコースティックとDJで2日間ヤングカーニバル(以下YC)に参加していただけるのですが、どんな気持ちでしょうか?

楠部真也(以下K):青ちゃんの、HAVENOT'Sのイベントやし、NEATBEATSん時から仲良くさせてもらってるんで。参加できて嬉しい気持ちです、両日誘ってもらって普通に嬉しいです。

−アコースティックでシンガーとして参加してもらいますが、真也さんはドラマーとしてのイメージがすごく大きいんですけど、シンガーとドラマー両方から見ての面白味、見方が変わったって事はありますか?

K:ドラムを10年以上やってたし、ずっとやってたのを新たにフロントに立って歌う事によってフロントマンの人を尊敬するようになりました。フロントマンって凄ぇ!って。

−逆にドラマーとして違う観点をもったということは?

K:もちろんすごく違いますよね。まだまだだなって。ライブもたくさん今までやってるんですけど、全然景色が違うし、一からって気がしますね。もちろんギター持って前に立ってる景色が、今までドラムを叩き見てたものと全然違うし、ドラムやってたから大丈夫って事もなく、別物でホント一からって感じです。楽しくもあり苦しくもあり、緊張します。

−そんな風に思ってるとはファンの人は全く思ってないと思うんですけど(笑)。そのファンの方達も今回アコースティックとDJで真也さん見れて嬉しい2日間のなると思うんですが、DJは元々お好きなんですか?

K:DJ好きですね!自分の今の気分で好きな曲を爆音で聴けるってのもあるし、それに応えてくれるお客さんの姿ってのも見たらすごく楽しいですね。ライブと違った意味で楽しいです。

−DJでこれは定番で必ずかけるアーティスト、マイブームなアーティストがあれば教えてください。

K:かなり高い確率でかけるのはKAISERSですね。KAISERSは自分のルーツでもあるんで上がりますね。

−最近マイブームなアーティストっていうのは?

K:マイブームは・・・やっぱBEATLESですかね。最近リマスターされたんで、それをまた爆音で聞けるっていう(笑)

−爆音で聴く方が違いが良くわかる?

K:そうそう良く分かる。本格的にDJやってる方から見ればちょっとイレギュラーだと思うんすけど、俺は今自分が聴きたいって曲を爆音でかけるタイプなんで。そこに楽しさを見出してるんで。

−ヤングカーニバル(以下YC)はお好きなイベントでしょうか?

K:好きですね!っていうかHAVENOT'S青ちゃんがやってるイベントに普通に客でも行ったことあるし、嫌いなわけがない。いつも横浜でやってて、普段横浜ってなかなか行かへんっていうのもあるし。そういう意味では足が向いてしまうイベントのひとつですね。

−真也さんの目から見てこのイベントの面白味があれば、ブログを見てる方達に向けて、お願いします。

K:HAVENOT'Sのライブです。

AOKI(以下A):厳しいな〜(笑)

TARSHI:ズッコケらんないよ〜HAVENOT'S(笑)

K:HAVENOT'Sのライブ、それ以外別にないっすね。

−今までのYCとか横浜で、これは面白かったということはありますか?

K:(YCで)いつもトリはHAVENOT'Sなんすけど、ある時アンコールがかかったんですよ。んでやる曲ないって言ったんやけど、セットリストの中からもう一回「R&R WEEKEND」って曲をやったのが面白かったです(笑)えっ?もっかい?みたいな(笑)

A:(西城)ヒデキの「YMCA」のパクリなんだよコレ(笑)

K:ワンモア「YMCA」的な「R&R WEEKEND」、僕の中で名曲なんすよ。

−初日のプレイベントに、アコースティックで出演していただきますが、封印していたと聞いたんですが?

K:封印してたんですけどHAVENOT'Sのイベントって事もあって解きました。

−ありがとうございます。Symphonixと一人で歌う感覚って違いますか?

K:全然違いますね、自分一人しか居ないし。でもやってる最中は一人かも分からんけど、HAVENOT'Sの皆も居るし、TRASHIさんも延原さんも居ますしね。仲間で皆で楽しむパーティーな感じがしたので大丈夫かな、というか楽しく出来るんじゃないかと。

−アコースティックは久々ですか?

K:久々ですねー。半年?一年くらいかな?

−アコースティックで演奏する曲はSymphonixの曲と、他にもありますか?

K:基本は自分の好きな曲のカバーを歌いたいって感じです。けどSymphonixの曲もやりたいなって計画してます。

−楽しみにしてます。2010年YCはまた何回か開催すると思うので、次出るときはSymphonixでよろしくお願いします。最後にこのブログを見てる方にメッセージをお願いします。

K:YCはホント長い間続いているイベントで、しかも今回はプレイベントにも出させていただけるので、是非両日来ていただければ、トータルでその楽しさ、面白さが分かってもらえると思うので、両日来てください!

−真也さん、インタビューありがとうございました!ブログをご覧のみなさんへ、動画コメントを頂きました、どうぞご覧下さい 〜どうぞ!!

次回は、TARSHI(LONESOME DOVE WOODROWS)さんのインタビューを予定しています!お楽しみに〜
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://young.havenots.jp/trackback/11
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH